バンベルクに行ってみたい、そう思って10年くらい?
やっとやっと行ってきました!
DSC_1969

フランクフルトからは電車で3時間、乗り換えなしで行けるはずが。
途中電車の故障でアシャッフェンブルクという街で降ろされることに。。。
次の電車の待ち時間が1時間もあったのでさくっと街を歩いてきました。
DSC_1975

DSC_1977



DSC_1995

DSC_1996

DSC_1990
全くNo Infoのアシャッフェンブルクでしたが意外に大きな街でクリスマスマーケットがとてもかわいらしかったです。

さてさて、うまく乗り継ぎもでき、1時間遅れで念願のバンベルクに到着!
DSC_2034
旧市街全体が世界遺産となっています。
カーブの多い街。

ショーウィンドーを眺めながら道を進んでいきます。
DSC_2035

レグニッツ川まで来ました。
粉砂糖のような雪でお菓子の家のように見えます。
DSC_2047
反対側には
DSC_2093
川の中州に建っているなんとも不思議な旧市庁舎が。
ストンと落ちてしまいそうですが

壁に描かれているのはバロック時代のフレスコ画。
すばらしいです。
DSC_2049

お腹がペコペコだったのでまず腹ごしらえ。
老舗レストランSchlenkerlaへ。
DSC_2067
ここでは名物のBamberger Zwiebelを。
DSC_2068
こちらは仔牛肉の煮込み。
DSC_2070
どちらも絶品でしたが。
お店のおばさんがとーーーっても怖くて「お皿をください」と言っただけで「っはぁーーっ」とため息をつかれるほど。
ネットにも書かれていましたがサービスが大変残念。
でもお味が抜群にいいのでやはりオススメ。

この日は雪が降るほど極寒でしたが、煙突から出る白い煙も雰囲気を出していて素敵でした。

DSC_2074
街全体がメルヘンの世界でとってもかわいいです。
DSC_2102

ウィンドーディスプレイの素朴さにほっこり。
DSC_2058

折り返しクリスマスマーケットへ。
ここは普段市場なのでしょうか、ずっと先までお店が連なっていました。
DSC_2114

グリューワインやさんがずらり。
DSC_2130

地方ごとに違うグルーワインのカップ、バンベルクは赤でした。
カップを返すと返金してくれますが、そのまま持ち帰ることもできるのでコレクターがいます。
DSC_2133

DSC_2168


見ごたえ満点、THEドイツのクリスマスを体験したかったらバンベルクへ是非!