毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

April 2015

やってきましたこの季節!
白アスパラ(ドイツ語でSpargelと言います)を食べにドイツへ!

他の国でも白アスパラは食べられますが、やっぱりドイツのものが一番おいしいのです!
ドイツ人もこの季節を待ち望みます。
白アスパラを茹でるためだけに長い専用鍋を持っていたりするのですよ。

フランクフルト名物のアップルワインで有名なアルトザクセンハウゼン地区へ。
DSC_0416
アップルワインを入れるカメの看板があちこちに。
素敵な看板はオーストリアやスイスなどドイツ語圏に多く見られる気がします。
DSC_0413

こんなファンキーな鳥さんまで
DSC_0422

先週の木曜日は気温も高く快晴だったので外で食事をすることにしました。
1
隣のおじさんがこのアップルワインのカメのことを「Bembelベンベル」と言うんだよと教えてくれました。
この柄はフランクフルト地方でよく見られます。
アップルワイン自体はなんともいえない味ですが、フランクフルターは好んでこれを飲むのですね~。
いやー、ほんとにビミョー
DSC_0428

これこれ~!
ツヤツヤの白アスパラがきました!
濃厚なオランデーズソースと一緒に。
(家で調理する時は鰹節とポン酢であっさり食べるのが好きです)
DSC_0435
ソースをかけてもう一枚
DSC_0443

ドーンと豚のすね肉も。
THEドイツ料理!
DSC_0440

外でいただく気持ちのよい夕食でした

暖かくいいお天気が続いているロンドン。
近所の桜も葉桜になってきました。
青空に白い桜が映えます。
4月とは言え、もう初夏の陽気です。
DSC_0320

お友達がワンちゃんと一緒にWarwickAvenueまで遊びにきてくれたので、The Waterwayのお庭でバーガーを。
暖かくなると頻繁に訪れてしまいます。
冷たい飲み物が気持ちいーい!
1

その後お決まりのコースでClifton Nurseriesでカフェを。
ここまでは以前もご紹介しましたが。
今回何を書きたかったかと言うとですね。
このレモンの木のアーチ!!
DSC_0344
2
多分無農薬だと思うのですが。
傷ひとつなく、きれ~なレモンがたわわになっていたのです。
最初はホンモノ?!と疑ったほど。
ロンドンの気候でも立派なレモンが生るのですね

レモンの皮を使ったケーキなんかを焼きたくなりました。
ううう、ひとつ欲しかった!

前回ブログに書いた時は秋でぶどうがなっていましたが、季節感あるお気に入りの場所です。

ワンちゃんもご機嫌な1日でした

帰り道に覗いた近所のパブ、夕方の風景。
DSC_0378
みんなビール飲んで楽しそう
ロンドンだなあと感じた瞬間でした。

今日のロンドンは雲一つない晴天!
一気に半袖ノースリーブ率が高くなり、まるで夏のような1日でした。
そんな日はテムズ川沿いのThe River Cafeでランチを
DSC_0153
セレブ俳優達からも人気のカフェレストラン。
1
厨房も見える素敵な内装。
DSC_0106
12時半に入った時はまだ人もまばらでしたが、13時を過ぎた頃には満席に!
さすが人気のお店

セレブ御用達とあり、お値段は少し高め。
DSC_0098
3人で前菜をシェアし、メインをひとつずつオーダーしました。

リバーカフェサラダ。
グリンピースがとっても新鮮!
DSC_0114

そしてお店の人オススメのグリーンアスパラにアンチョビのコンビネーション。
最高においしかったです!
DSC_0123

メインはシーフードリゾットにしました。
魚介のダシが効いていて
DSC_0135

デザートにはアフォガートを。
DSC_0136

ピークを過ぎた頃、従業員の人が川沿いで食事をしていました。
テムズ川を眺めながらのまかないなんて贅沢ですね
DSC_0145
晴れた日に是非オススメのお店です。

しばらくドイツに行ってきました!
半袖で歩けるぐらい暑い日もあり過ごしやすかったです。
2

ドームのすぐ近くにあるゲーテも愛したZum Solch、フランクフルトでは一番おいしいと思うドイツ料理のお店へ。
ソーセージの盛り合わせや、メニューにはありませんがマッシュルームソースがかかったイエーガーシュニッツェルもオススメ(言うと作ってくれます)。
今回は普通のウィーナーシュニッツェルにしました。
ポテトもほっくほく~
相棒君も大満足していました。
今週からは白アスパラも出るそうですよ。
3

相棒君がロンドンに戻ってからは友人を訪ねに初ライプツィヒへ!
ここは旧東ドイツ、なんとなく東欧の雰囲気がしたり。
バッハが眠っている教会も見てきました。
ライプツィヒ、有名な音楽家達が愛した場所なのですね。
IMG_6913

友人に連れて行ってもらったレストランMAX ENK
雰囲気もとっても素敵で、味もバツグン
そして旧東ドイツプライスに驚き!!
1

さてさて、今回のおみやげは~。
友人オススメのデザインショップで見つけたドアストッパー。
タイルの床でも滑らずテコの原理を利用した優れもの!
相棒君が「5つぐらい買ってきてくれたらよかたのにー」と残念がるほどピタっとずれない!
DSC_0152

もうひとつはオランダ製の物ですが、イギリスで買うと高いのでRosti Mepalの調理用ボウルを購入。
原色のものが主流でしたが、新しく出たパステルカラーの物を
口やフタがついていて便利。
フタには種類があり好きなように組合わせられます。
真ん中に泡だて器を入れる穴がついているものがあったりなるほどグッズです
DSC_0157
久しぶりにゆっくりドイツを満喫してきました

Grüezi!!
イースターホリデーで懐かしのチューリッヒへ!
あいにくの曇り空で残念ながらアルプスは見えませんでしたが、チューリッヒ湖やリマト川の美しさは昔と変わらず。
4年間ほぼ毎週歩いていたのにあの頃はこの街のよさに気づいていなかったな。

あちらこちらにスイスの国旗が。
スイス人って愛国心が強い!
こんなにきれいだったら当然かあ。
image

まずはよく通ったHILTLでランチ。
いつの間にかカフェスペースができてお店がすごく大きくなっていました!
2015-04-04-04-41-49
ヨーロッパで一番古いベジタリアンのお店。
ビュッフェ形式ですがたくさんの種類があっていつの間にかものすごい量に
これがとっても美味しいんですよ〜!
お店もスタイリッシュ!
厨房も上から覗けて楽しかったです。
懐かしのスイスの乳酸飲料リベラとともに大満喫でした
是非2階席がオススメです。
2015-04-07-18-19-11
 
シャガールのステンドグラスで有名なFrauenkircheを見たり旧市街を歩いて、この日は1万5千歩ぐらい歩いたかな。

夜はやっぱりチーズフォンデュでしょう
スイス人に教えてもらったお店Raclette Stubeへ。
フォンデュのお店は大抵観光客でいっぱいなのですが、ここはスイス人だらけ!
さすがおいしかったです。
お店が小さいので要予約です。
フォンデュはかなりお酒が強いので、少なめに入れてもらうと食べやすいですよ。
image
 
次の日ドイツへ飛ぶ前にこれまた懐かしのSteinerでバゲットサンドを。
ターキーと卵のサンドがイチオシ!!
パンがおいしい〜 
なぜかこのお店、名古屋にもあるのです。
わざわざ買いに行ったことがあるのですが、味が全然違ってガッカリでした。
ロンドンにできたらいいのに!
image
 
チューリッヒ空港はとってもモダン(古いホールもありますが)。
お決まりの、そして私が世界一おいしいと思うチョコレートを!
Sprüngliのシャンパントリュフとミルクトリュフなどを量り売りで購入。
ちなみにこのお店ではマカロンのことをルクセンブルグリーといいます。
  image
只今ドイツにいます。
スイスを懐かしみながら1粒1粒大切にパクリ。
おいしすぎるっ。。。! 

相棒君もスイスがとても気に入った様子。
この夏は絶対にスイスアルプスへ!
 

予約困難な鮨徹
ここは行けないだろうなあといつもあきらめていましたが、お友達からのお誘いが
すごい!
どうやって予約してくれたんだか!
DSC_1976


ただただ「おいしい!!!」
もうこれしか言えないほどおいしかったです
日本に帰る必要なしっ!
(写真の光が強すぎてうまく撮れてないけどスミマセン)
1

最後はシュワっととろける卵焼きで。
DSC_1987

また行きたい~!
誰か予約お願いしますー

昨日はナイツブリッジにあるブランドホテル、BVLGARI HOTELでランチをしました。
DSC_1974
こちらはレジデンスもあるそうで、一体どんなお金持ちが住んでいるのやら。

入口入ってすぐのBARを降りると素敵な空間が
一番乗りでした!
DSC_1942

テーブルウェアはRiveaオリジナルの食器とイッタラのコンビネーション。
ナプキンはそれぞれ柄が違って私のはかっぱえびせんを思わせる柄が
DSC_1938

担当はとても感じのいい日本人の原田さん。
いろいろお話がはずみました。
1プレートは小ぶりだとか、オススメ通りにメニューにある前菜2品にメイン1品、ミネラルウォーターやカフェがついてなんと35ポンドのお得なメニューをチョイス。
選択肢がたくさんあって迷ってしまいます。
DSC_1943

こちらが前菜の数々。
パンがおいしくて原田さんに「日本のホテルのようにパンも売った方がいいですよ!」と提案してしまったほど。
1
この鯛とシトラスのコンビが絶妙!!イチオシ!
DSC_1952

お友達チョイスのメインのホタテ。
とっても新鮮だったそうです。
DSC_1957

私のVealはものすごくやわらかくて感動のおいしさ
本当はニンジン添えだったのですが、ニンジンアレルギーの私のためにアスパラとマッシュルームに変えていただきました
DSC_1958

デザートにはアップルパイのパイがない版(表現力なくてすみません)とティラミスを。
りんごが温かくてアイスに合います!
ティラミスはふんわり軽く、中に薄いチョコレートが入っていて食感もよかったです。
2
コーヒーは3人色の違うカップできました。
パルミエもパリっとおいしかったです。
DSC_1964
インテリアもとてもモダンで素敵です。
個室もあるようなので大勢で来た時はいいですね。
DSC_1970
日本にはブルガリホテルがないので、友人が来る時に是非紹介したいお店です。
サービスも味も満点、リピ決定~

↑このページのトップヘ