毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

August 2015

marronちゃんに昨日tibitsに連れて行ってもらいました。
ななななんと。
以前私がこちらに書いたスイスのHiltlの姉妹店!!
昔よく通いつめた大好きなお店です。
5年前からロンドンにあるとのこと、なぜ今まで気づかなかったのか。
大変悔やまれます
DSC_0597
DSC_0593
スイスのお店をコンパクトにした感じでメニューの種類が少ないものの、ドリンクもフードも同じものでした!
DSC_0591
DSC_0569
DSC_0584

いつものごとくお皿にどっさり盛って。
ドリンクはお気に入りのtutti frutti
DSC_0557
ひとりでも気軽に来れるお店なのでこれから頻繁に通いそうです。


さて、marronちゃんとの楽しい機関銃トークは止まることなく、以前に行ったバーバリーのThomas'sで延長戦。
DSC_0613
お隣のご夫婦がアフタヌーンティーをされていて、とてもきれいだったので図々しくも一緒に写真を撮らせていただきました。
クェートからご旅行中だとか、small talkがはずんだら。。。
このケーキどうぞ、と私達のために取り分けてくれました
申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが優しいお心遣いに感謝です。
DSC_0602
DSC_0617
このお店のお茶はガラスのティーポットで出されます。
実は今狙っているガラスのティーポットがあるのですが、いつ手に入るかなあ

先週またRiveaのランチに行ってきました。
DSC_0378

このBVLGARI HOTEL、全体的にすっきりモダンな雰囲気です。
DSC_0376
DSC_0377
入ってすぐのラウンジにはおいしそうなケーキがずらり。
DSC_0372

DSC_0371

いろいろ写真を撮っていたら、ホテルの方が他のラウンジもどうぞと案内してくれました。
sketchの時もそうでしたが、やはり一流のところだとやはりサービスがきめ細かいのですね
さすがです。

こちらはリカールーム。
DSC_0352
1908年モノがあったり、とても価値あるリカーがずらり。
DSC_0354

そして上の階にあるシガールーム。
入るとシガーの香りがして大人な渋いお部屋でした。
DSC_0360

こちらは以前にも書いたRivea
DSC_0340
今回のメインはチキンにしました。
DSC_0324
コーヒーのおかわりもついてFixプライスなのでお得なランチです。
平日のお昼はとても空いているのでいきなり行っても大丈夫かも。
ついつい長居してしまいます。

今度はラウンジであのおいしそうなケーキを食べてみたいな

夏が戻ってきた土曜日。

この日はフラットのプライベートガーデンのPartyがありました。
絶好のParty日和
DSC_0444
FacePaintingのコーナーがあったり、JAZZの生演奏や屋台やさんまで呼んで本格的。
皆シャンパングラスを片手にご近所さん同士おしゃべりに夢中。
DSC_0398
よい週末を過ごすことができました。

さてさて。
夜は韓国レストランGOGIへ。
近所なのでよく行くお店です。
DSC_0507

この海鮮チゲは具だくさんでオススメ。
DSC_0532

こちらはリブアイの写真ですが、私的にはこの後に食べたカルビが一番かなと思います。
DSC_0517

シメには焼うどんを食べてお腹いっぱい。。。
DSC_0544

お昼はセットメニューもありますが夜の焼き肉がオススメです。

ロンドンの夏ももう終わり?
涼しい日が続いたせいか風邪をひいてしまい、オジサン声になってしまいました。
我が家の前にはもう落ち葉が。はやっ
DSC_0261

家にいては風邪もよくならない気がして、お友達からのお誘いを受けてノッティングヒルの近くにあるデンマークカフェSNAPS+RYEまで歩いて行ってきました。
DSC_0262
意外や意外、ロンドンにある唯一のデンマークのお店。
Time Outの新しい店部門で2位に輝いたとか。

デンマーク製のインテリアに温かみのある木目のテーブル。
北欧のセンスって大好きです。
DSC_0277

デンマークといえば、オープンサンド。
どれもおいしそうでした。
DSC_0267

風邪をひいているわりには食欲旺盛で、オープンサンドでは足りないと思い、しっかりメインのミートボールをオーダー。
うーん、これはおいしい
IK×Aでよく食べるミートボールと違って、上品なお味!!
こちらはアップルソース添えでした。
あと2つぐらいいけますけど?!と思ったくらい。
デンマークのブルーチーズ(カステロかな?)のポテトグラタンもGOOD!!
DSC_0281

お友達の鯖料理。
こちらもおいしそう!
DSC_0284

食後は3人でそれぞれ違うコーヒーとデザートを。
デンマーク製の食器、シュガーポットもかわいらしいです。
DSC_0290

こちらのケーキは温かくてとてもおいしかったです、イチオシ。
DSC_0293

こちらはデンマークチーズケーキ。
子供の頃に食べたパイナップルやアプリコットの入ったパンに塗るデンマークチーズの味を思い出しました!
懐かしい、今でも売ってるのかなあ?
最後はちょっと重たくて完食できず。
DSC_0296

ノッティングヒルとは言え、少し治安が悪めな場所にありますが、北欧のセンスを感じたい時にいかがでしょうか。

ディズニーワールド最終日、お目当てのアニマルキングダムへ!
このアニマルキングダムがあるのはこちらフロリダだけです。
DSC_1013

マジックキングダムの象徴をシンデレラ城とするならば、こちらアニマルキングダムの象徴はこの巨大な木!
こんなに大きな木を造ってしまうアメリカってやっぱりスケールが違いますね。
DSC_1027
近づくと木の幹にはいろいろな動物の彫刻が。
DSC_0038

アトラクションではたくさんの動物を身近に感じることができます。
DSC_1059
DSC_1066

一番びっくりしたのが森にたたずむこのゴリラ↓
DSC_1080 
大きい~!!
森のボス、そんな感じでした
何を考えているんだろう~。。。?

一番オススメのアトラクション、KILMANJARO SAFARIS。
DSC_1087
ジープに乗って20分間、広大な敷地を周ります。
運転手さんが動物がいるスポットで車を停めて説明してくれます。
DSC_1101 

キリンの子供が木に背中をスリスリ。
相棒君が「キリンが”かい~の”やってる!」って。。。
DSC_1132
DSC_1136 
DSC_1140 
DSC_0005
ほとんどの動物が野放し状態で自由に動き回れる環境です。
残念ながらこの日はライオンのご機嫌が悪かったのかどこかに隠れていて会えませんでしたが、動物好きの私にとっては大興奮のアトラクションでした

絶叫マシーンといえばこちらのエクスペディションエベレスト!
またまたこんなに大きなエベレストまで造ってしまうとは。。。
DSC_0017
長蛇の列でしたがマジックバンドで予約をしてあったのですぐに乗れました。
不意に逆走行をしたりとマジックキングダムのどのアトラクションよりもスリリングなので怖いもの好きな方にはオススメ。
DSC_0036

そんなこんなで帰国日ギリギリまで遊んできました。
動物好きの方には是非オススメの場所です。
 
長かった旅行もこれでおしまい。
次のバケーションはいつになるかなあ

ではでは。
またロンドン生活記に戻ります!

カリブ海クルーズの後、マイアミからオーランドに飛んでディズニーワールドに行きました!

実家が千葉の京葉線沿いにあり、毎日のように舞浜を通ってはディズニーランドを眺めていたせいか、特別にディズニーファンでもなかったので高校の時以来。

まずはマジックキングダム。
そうそう、この雰囲気、やはり入ってみるとワクワクします
DSC_0877
とりあえず「スプラッシュマウンテン」や「ビッグサンダーマウンテン」そして「七人のこびとのマイントレイン」はすごく並ぶと聞いていたので、あらかじめマジックバンドで予約をして待ち時間は10分ほどでした。

このマジックバンドはディズニー直営のホテルに宿泊すると購入ができ、3つのアトラクションの時間指定が可能、乗り終るとマジックキングダム内の機械で次のアトラクションの予約ができるという便利ものです。

昼間のショーではミッキーや
DSC_0915
アナとエルサにも会えました。
DSC_0896

夜のプロジェクションマッピングと花火のショーは必見!
すばらしかったです。
DSC_0970

さてさて。
実は今回の私のお目当てはマジックキングダムではなく、アニマルキングダム!!
友達の話を聞いて是非行ってみたいと思っていた所でした。

アニマルキングダム内にあるアニマルキングダムロッジに宿泊。 
敷地内にたくさんの動物がいるのです。
レセプションも壮大な造りです。
アフリカに来てしまったような雰囲気。
DSC_0760

今回私達が泊まった部屋はジャンボ内にあるサバンナビュー、3122号室です。
とても大きなホテルでレセプションから離れているとものすごく歩くと聞いていたので、レセプションから近い部屋、そして動物が間近で見れるよう下の階をリクエストしておきました。
DSC_0827

お部屋はこんな感じ。
広々として洗面台も2つありました。
DSC_0733

朝食のビュッフェは大混雑ですが、いろいろな種類がありおいしかったです。
DSC_0745

こちらが私たちの部屋から見える風景。
ここはキリン達の寝床なのか夜はキリンが5匹ほど寝ているのが見えました。
朝起きたらキリンの姿はありませんでしたが、昼間は鹿のような動物に会えました。
DSC_0842

昼間に動物たちがエサを食べるというキダニビレッジに移動。
シマウマやキリン達がお食事中。
ホテル内で動物がこんなに間近に見えるなんて不思議です。
DSC_0772

DSC_0777

DSC_0801
敵に襲われることもなく、こんなに広々としたところで生活できるなら、動物たちも幸せなのかな。

アニマルキングダムについてはまた後日。

さていよいよ航海最終日。
一番おいしいものが食べたいと相棒君が事前に"Chef's Table"を予約してくれました。

14名が同じテーブルに座るということは席に着くまで知らなかったので緊張しましたが、シェフやソムリエの話を聞きながらディナーをいただくというプランです。
スイートルームやゴールドメンバーのゲストだけが入れるラウンジで行われます。
DSC_0698

こちらがシェフのLapuzさん。
ひとつひとつ料理の作り方やコツなどを説明、ゲストからのたくさんの質問にも答えてくれました。
27072e81-s[2]

こちらはソムリエのHolvathさん。
なぜこの料理にこのワインが合うのか、魚料理に赤ワインとは意外でしょう?なんて。
DSC_0725

こちらがメニュー。
chef's Table 001
さすがChef's Table!
船の中の限られたスペースで作られたとは思えないくらいのびっくりなおいしさ!!
特にビーフは和牛かと思うほどホロホロ~
385cd09d-s[2]
cbde8185-s[2]
DSC_0711
DSC_0722
DSC_0729

最後はおみやげまでいただきました。
赤ワインの瓶に直接付けられるデキャンタです。
しかもRoyalCaribbeanのロゴ入り~
とてもいい記念になりました。
デキャンタ


さて、最終日ということもあり、ロイヤルプロムナードではFarewellPartyがあり、皆ダンスに夢中!
とても盛り上がりました
DSC_0687
楽しかったクルーズの旅もこれで終わりです
あっという間の8日間、食べて遊んで大満喫でした。


最後にロイヤルカリビアンクルーズで旅行をされる方へアドバイス。

*ショーやレストラン(my time diningを含め)は出発前に予約しておくこと。
特に有料レストランはat seaの日に混みます。

*飲み物のパッケージはお得。
(先日書いたようにRoyalPromenadCafeのコーヒーはスタバと同じものです。)

*レストランや劇場など船の中は全般にエアコンが効きすぎていて寒いです。
長袖の羽織ものをいくつか持って行くこと。

*このクルーズ船にはクリーニングシステムでランドリーがないため(ロイヤルプリンセス号にはありました)、洗濯ばさみがたくさんついた物干しハンガーがあると便利です。
スイートルームは分かりませんが、部屋に掛けるところが少いので重宝しました。

*陸に下りると蚊に刺されることが多かったので虫除けスプレーを持参すること。 
私が忘れた物で大後悔しました。。。

*チェックアウトは早朝なら自分でスーツケースを持って出られます。
ちなみに私達は6時半に出ましたがスムーズにタクシーに乗ることができました。
スーツケースを前日部屋に出しておき外でピックアップするシステムを使うと、とても時間がかかるようです。(イミグレーションも長蛇の列だとか)


とにもかくにも、上船した時のたった1回のチェックインだけで朝目覚めれば違う港に着き、という便利なクルーズ旅行。
オススメです!

よいご旅行を

これだけ大きなクルーズ船だと揺れないんですね~。
そのせいか歩いているとどっちが前か後ろか分からなくなってしまうほど。
船にはこんな表示も
DSC_0333 
そして毎日遊んでばかりいると曜日感覚も薄れていくというか。。。
各エレベーターの床にはこんなものまで。
DSC_1195


さてさて、これからこのカリビアンクルーズに行く方のために船の中のレストランをご紹介。
まずは毎日無料でディナーがいただける大きなダイニングルーム"American Icon"
DSC_1180
せっかくの旅行なので有料レストランでおいしいものが食べたいという相棒君の希望で結局ここには2回しか行きませんでした。
確かに味は「アメリカだなあ」という感じ
でもいくら食べても無料なのでほとんどの人がこちらでディナーを取っています。
もっと気軽にという方は、朝食ビュッフェで賑わうウィンジャマーカフェでも。

とにもかくにも本当に大きなダイニングルーム、3階に分かれていますが時間を予約しないとすごく待つことになるので出発前に予約しておくことをオススメします。
2
航海日であるat seaの日は同じくこちらのAmerican Iconで朝食もいただけます。 
ビュッフェとメニュー形式がありますが、絶対メニューを選んだ方がいいですよ。
5

こちらの"PARK CAFE"では朝食にベーグルサンドなどを作ってもらえます。
お昼は好みのトッピングでサラダボウルを作って食べている人がとても多かったです。
DSC_0646

そうそう、船の中で重宝したのがドリンクのパッケージプラン。
お酒なし1日飲み放題の19ドルプランを選びました。
こちら"PromenadeCafe"ではスタバのコーヒー豆を使っているので、このパッケージに入れば有料のスタバでなくてもここでもスタバが味わえます。
DSC_0334

ここからは有料レストランのご紹介。
アメリカといえばバーガーです。
at seaの日のランチに"Johnny Rockets"でチーズバーガーを。
1

ディナーは緑や花の多いCentral Parkで。
DSC_0396 
大人な雰囲気のエリアです。
DSC_0401 
DSC_1183

フレンチダイニングの"150 Central Park"
DSC_1263 
訳あってここには2度来ることになりましたが、どれも満足。
7種類の塩が名物のようです。
7

ステーキハウスの"CHOPS GRILLE"
DSC_0403
私的にアメリカでおいしいものと言えば、ステーキ、シーザーサラダ、チーズケーキ。
この3大おいしいものを1晩でいただきました
3

イタリアンの"GIOVANNIS"
DSC_0168 
ラム肉がやわらかくておいしかったです。
6


どこもサービスがとてもよかったですが、CentralPark内有料レストランの中での一番のオススメはCHOPS GRILLEかな。

まるで神様が出てきそうな日の出!
メキシコのCozmelです。
DSC_0444
夜が明けて外を見ると。。。
海があおおおおおおおーーーいっ!!!
まさにカリビアンブルー!
(相棒君が「杏里の曲を思い出すなあ」って古いよ
DSC_0587
空が青くて高い!
DSC_0462

ここでも船のExcursionに申し込み、朝から3箇所でシュノーケリングを楽しんできました!
写真がないのがとっても残念ですが、もう本当にきれいな魚達に囲まれて大満喫!
この世の物とは思えないほどの美しさでした

午後はCozmelの街を散策。
せっかく来たのだから名物を食べないと。

海が見えるレストランでまずはトルティーヤから。
DSC_0475
そして名物のタコスを!
おいしかった~!!
DSC_0481

ちなみにこちらが一緒に持ってきてくれたハバネロソース。
当たり前ですが激辛すぎてしばらく大変でした
DSC_0486

街もカラフル。
DSC_0505

DSC_0534

DSC_0544

メキシカンハット!
DSC_0506
なんかかぶる部分がすごく小さく感じますが。
これだけツバが大きいと小顔効果あるかな~、なんて

DSC_0509
Cozmelの海の美しさは格別。
こちらに来たら是非シュノーケリングを!!
マヤ文明の遺跡まで辿りつけず残念だったので、また来てみたいなあ~

お次はジャマイカのFalmouthに着港。
DSC_0225
ここでは船のExcursionのバンブーラフティングを申し込みました。
本当は滝が流れる岩山登りがメインなのですが、運動神経の悪い私が登れるか不安だったので断念。
詳細に「体力に自信がある人」と条件にあったし
DSC_0185

DSC_0187
ということでのんびり川下りをしてきました。
DSC_0197

おっと~、とてもJamaicanな人を発見!
レゲエな感じだ~
DSC_0193

ラフティングの後は小さな街Falmouthを散策。
結構殺伐とした雰囲気だったのでさくっと。
DSC_0213

DSC_0214

DSC_0215

そうだ、ジャマイカと言えばブルーマウンテンのコーヒー!
DSC_0219

DSC_0221
この日もとっても暑い日でクタクタでしたが、せっかくなので熱いコーヒーをいただきました。
まずは名物を制覇できてよかったです

↑このページのトップヘ