毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

November 2015

ロンドン生活最終日。いろいろな思い出が蘇ります。


2年半前、15年間暮らしたドイツから大都市ロンドンへ。
同じヨーロッパとは言え文化の違いに戸惑いもたくさんありましたが、人が優しくてサービスもよくジェントルマンな国。

すぐにイギリスが大好きになりました。


ここロンドンで相棒君と結婚をし、新しく始めた生活。 
楽しい思い出がいっぱい。
wedding
 
相棒君、お仕事はとても忙しかったね、3年半おつかれさまでした。
いつもありがとう。 

138 


このブログのロンドン編もこれで最後ですが、"食事がまずいイギリス"、これはもう昔の話。  
ご紹介した数々のレストランや観光地など、これからロンドンに行く方の参考になれば幸いです。 


久しぶりに日本での生活が始まりますがきっとまた楽しいことがたくさん待っていることでしょう。  
ブログ


Arigato & Sayonara LONDON!



ロンドン最後の夜。
この日は夫婦同士で仲良くしていただいたベストカップルmarronちゃん夫妻と過ごしたいと決めていました
marronちゃんもお仕事がお休みの日でラッキー、4人でノッティングヒルにあるMAZIでディナーを。
ギリシャ料理のお店です。
DSC_0767

まずは流行りのジャーに入った前菜を。
ナス、豆、チーズがベースの3種類のものをチョイス。
どれもとってもおいしくてペロリ。
DSC_1311

メインにはまずミートボール。
ヨーグルトとオリーブオイルのソースが合います。
DSC_0003

ギリシャ名物ムサカ。
ナスではなく、なんとシイタケのムサカです。
DSC_0010

タコも大きくてプリプリ。
右のオリーブのソースと一緒に。
創作料理のようでどのお皿も美しいです。
DSC_0754

こちらはラム肉。
まるで和食のように見えます。
marronちゃんが「このソースはしょうゆと赤ワインベースなのでは?」と。
さすが美食家!
なんでも分かっちゃうのですね。
DSC_0764

とても混んでいて2時間限定だったのでデザートまでたどり着けず、この後はカフェへ移動。
明日は雪になりそうなほど寒い夜だったのでホットドリンクで温まりました。

こちらはmarronちゃんのチアシードのデザート。
かわいくてヘルシーですね。
チアシードは船便にもたくさん詰め込んだのでこれで日本でダイエットをしよう
DSC_0024

marronちゃん夫妻とロンドンで会えるのもこれで最後でしょうか。
結婚式の時もとてもお世話になり、長いお付き合いでした。
今までありがとう。。!
日本でまたすぐに会えると分かっていてもお別れは涙涙。
毎年marronちゃん邸でクリスマスを過ごしていたので、「今年も24日ロンドンに来ちゃう?」なんて相棒君はmarronちゃんのご馳走が忘れられない様子。
理想のカップルmarronちゃん夫妻にこれからもたくさんの幸せが訪れますように、帰りのオックスフォードストリートのイルミネーションを眺めながらそう願いました

今までお世話になったSさんと今日はシャングリラホテルの中にあるTINGでランチをしました。

Sさんとは2年前習い事に向かう時にバス停で偶然お会いしたのが始まりです。
慣れないロンドンで初めてお友達になっていただいた方。
それから幾度となくお食事に連れて行っていただいたり、Sさんなしでは私のロンドン生活は一体どうなっていたのだろう?と偶然の出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。
あの時あの場にいなかったら、あの人に出会わなかったら、人生一期一会ですね。

さて、そのSさんと何度か来たシャードですが、シャングリラホテルの上まで行くのは初めて。
ドアを抜けるとシャングリラの香りがお出迎え。
DSC_1253
どことなくチャイニーズなデコレーションです。
DSC_1227

まずはライチベースのノンアルコールカクテルで乾杯。
Sさん今まで本当にお世話になりました
DSC_1168
アミューズから始まり~
(説明がなく結局これは何だったのか分かりませんがおいしかったです
DSC_1173

前菜はそれぞれ選び、こちらはサーモンのリゾット。
DSC_1177

DorsetCrab。
この紫のカリフラワーがちょこっとある感じがオシャレです。
DSC_1179

メインのリゾット、エビのプリプリ感がすごい!
DSC_1186

こちらはアンコウ。
肉厚でとうもろこしとソースにとてもよく合いました。
DSC_1189

そして栗のデザート。
桃のシャーベットとの色合いがオシャレ。
DSC_1196
最後はプチフール。
こんな箱に入ってくるなんてかわいらしいですね。
DSC_1209
この後Sさんには遅くまで私用にもお付き合いいただき、最後の最後までお世話になりっぱなしでした。
これでロンドンではお別れですが、これからもこのご縁をつないでいきたいです。
Sさん、今まで本当にありがとうございました

お菓子教室も最後。
いろいろなことが最後になり寂しいです。

今月はメニューはモンブラン。
大好きなお菓子です

まず土台となるメレンゲを作って焼いていきます。
低温でじっくり焼き、
DSC_1079

このメレンゲにチョコレートをささっと塗ってクリームがしみこんで崩れるのを防ぎます。
まるでシイタケみたい。
DSC_1092
クリームをのせてパレットナイフで形を山型に整えていきます。
DSC_1106

こちらが先生がわざわざパリで購入されるというマロンクリームとペースト。
このメーカーのものが一番栗の含有量が多くおいしいそうですよ。
DSC_1056
マロンペーストを絞るのはとても難しかったのですが。
なんとかできました!

が、私の作品はあまり美しくないのでこちらに載せるのは先生のお手本作品
DSC_1066
目をつけたらジョンレノンみたい~って、笑。
生クリームには一切砂糖を加えてないのでお上品なモンブランに。
秋の味覚です。
おいしすぎて2つも食べてしまった~

明日はいよいよ引っ越しです。

ロンドンでの一番の思い出と言えばティーインストラクターの資格を取ったこと。
昨日はお世話になった下条智恵子先生と残り少なくなった1期生でRITZのアフタヌーンティーへ。
先生にはレッスンだけでなく数々のアフタヌーンティーにもお誘いいただき楽しい思い出がいっぱいです。
DSC_1031 
中に入ってから奥のティーサロンに行くまでにもう一度ホテルマンが立つドアを通り抜けます。
「どちらへご予約ですか?」なんて聞かれるので用もないのに気軽にホテル見学~なんてできないわけですね
DSC_1044 
中は豪華絢爛、ピアノの生演奏が流れるパームコート。
とても華やかなサロンでした。
これぞアフタヌーンティー!そういった雰囲気です。
DSC_1041 
DSC_0949
メニューカードにも食器と同じリッツオリジナルのイギリスらしい小花柄が。
DSC_0981

さて、こちらの3段トレーですが、先日のクラリッジズを上回る量のサンドイッチ。
キケンキケン。。。
分かっちゃいるけどやめられない!
パンもしっとりやわらか、大変おいしいサンドイッチでした。
DSC_0973
いつも思うのですが、スーパーで買う食パンはイマイチなのにアフタヌーンティーのパンがとってもおいしいのはなぜ?
日本みたいにホテルでパンも売ればいいのに。

そして温かいスコーンがやってきました。
こちらもやわらかで私好みでした。
クロテッドクリームもたっぷりでてきましたよ。
DSC_0990
ケーキにたどり着く頃はやはりお腹がいっぱいでしたが、おしゃべりがはずみちょこちょこいただくことに。
DSC_1004 
こちらはバスルーム↓
ピンクが基調のガーリーな空間
2015-11-12-07-09-32

DSC_1037
先生とご一緒するアフタヌーンティーもこれで最後ですが、最後にふさわしい華やかなアフタヌーンティーでした。

先生からいただいた2015年のクリスマスティーが入ったオーナメント
DSC_1052
フォートナムでクリスマスティーを買おうか迷ったのですが、缶が大きく飲みきれないと思い断念していました。
こんなにかわいらしいものが売っていたのですね!
おみやげにもよさそうなので買いに行こうと思います。
今はもう手に入らない先生とおそろいのオーナメントまでいただき、こちらは日本でツリーを飾った際に写真をアップします。
クリスマスが待ち遠しい

ヨーロッパ最後の旅行はどこにしよう?
ギリギリまで迷って結局王道のパリを選びました。

街はクリスマス一色。
ラファイエットの中がとてもきれい。
フランスらしさたっぷりの装飾です。
DSC_0798

まずは相棒君もお気に入りのマレ地区にあるCreperie Suzetteへ。
いつも夜がメインなのでランチは軽めのお店に行きます。
ハムチーズに卵のガレットを。
軽めと言いながらグランマニエたっぷりのクレープシュゼットまでペロリ。
2015-11-09-21-48-24

その後マリアージュ本店へ。
ずーーっと前から狙っていたガラスのティーポットをついにGET!
いろんな形があるのですが、容量が多くぽってり丸い形の物を選びました。
大事に日本に持って帰らないと!
DSC_0945

夜はフランス在住のお友達から教えてもらったLes Climatsへ。
ミシュラン一つ星を獲得したお店です。
DSC_0887
こちらはBarスペース。
DSC_0884
私達の席はテラス側でとても素敵な雰囲気でした。
DSC_0852
まずはアミューズから。
こういうちょこまかしたものがかわいらしくてフランスを感じます。
2015-11-09-20-29-46

私に食物アレルギーなどがあったのでコースではなくアラカルトでオーダー。
前菜はフォアグラに
DSC_0841
カニとタコ。
DSC_0836

メインは仔牛肉に魚を。
DSC_0843
DSC_0848
こんなにおいしい仔牛肉を食べたのは初めてだ!と感動していた相棒君。
魚の方にもたっぷり脂がのっていて美味!

さすがにお腹がいっぱいでデザートはシェアしました。
プチフールもかわいくて最後までおいしくいただきました。
2015-11-09-20-32-34
フランスにしては(と言っては失礼ですが)サービスも大変よく、英語のメニューもありで是非オススメしたいお店です。

食後はセーヌ川沿いをお散歩してエッフェル塔を眺めてきました。
DSC_0903

次の日は朝からオルセー美術館へ。
絵画が素晴らしいのはもちろん、この中に入っているいくつかのレストランがとても素敵でした。
DSC_0918
今回は時間がありませんでしたが、いつかここで食事をしてみたいです。
DSC_0923

お昼はパリ在住のお友達と合流。
また素敵なお店を紹介してもらいました。
グランパレの中にあるMINIPALAISです。
12時の開店までアペリティフで過ごし、
DSC_0926
とても暖かい日だったので食事は外のテラスで。
雰囲気抜群、とても気に入りました!
DSC_0937
メインの魚は昆布か梅干しだかそんな味がして目の前でかけてくれるスープも大変おいしかったです。
DSC_0935

1泊2日の弾丸旅行でしたが、最後にパリを選んで大正解でした。
DSC_0939
今度パリに来れるのはいつになるでしょう。
DSC_0771
さみしい。。。
そんな私の気持ちをこのワンコが代弁してくれているようです。

結婚パーティーをした思い出のClaridge'sで念願のアフタヌーンティー!
ここのATはロンドンでも人気No1でずいぶん前からの予約が必要です。
この日を楽しみに指折り数えて待っていました
帰国までに間に合ってよかった!
DSC_0570
入って正面のサロンの奥にも部屋がありもちろん満席。
DSC_0688

まずはサンドイッチから。
かなりボリュームがあってびっくり。
どれもとってもおいしくて一気に頬張ってしまいました。
DSC_0560
中でも感動したのがこのミニキッシュ。
卵とチーズの味が濃厚でおかわりしたいところをぐっとガマン。
DSC_0588
スコーンはさっくり系でした。
DSC_0606
クラリッジズオリジナルの食器がかわいくて揃えたいと思い聞いてみたのですが、フランスからのオーダーになるそうで帰国までに間に合わず断念

こちらがケーキ。
DSC_0614

DSC_0647

DSC_0648
ひとつ食べるのがやっとであとはおみやげに。
新しいスコーンを余分に入れてくれたりサービスもGood
DSC_0678
11月16日からはバーバリーのデザインのクリスマスツリーがロビーに飾られるそうですよ。
是非見に行きたいと思いました。

さて、昨日はイルミネーション点灯式があり街の中心地はクリスマスの雰囲気UP。
DSC_0710
今年はゴールドも混じって華やかです。

↑このページのトップヘ