毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

June 2016

ぶらり一人旅でマイセンに行ってきました。
image

どこか旧東ドイツの香り漂う街並み。
お目当はマイセン博物館です。

image

入り口には歴代のマイセンの模様が。
このマークを見るといつ作られた物かが分かるそうです。

image

まずは博物館見学から。

たくさんの作品が展示されていて見ごたえあり!

image

image

続いては工房見学。
約30分ほど各部屋を回り、それぞれの工程を見ることができます。
細かい技にため息。
image

image
これだけの作業なら高価なわけですね。

ちなみに入り口にはマイセンカフェもあり、ここではマイセンの食器でサーブされるとか。
でも見た感じ華やかなマイセン柄のものではなく、普通の白い無地の食器でちょっと残念。

image

最後にアウトレットでお買い物。
せっかく来たのだから手ぶらで帰るわけにはいきません。
有名なZwiebel=玉ねぎ柄(そう言われていますが実はザクロだとか)のお皿と花柄のティーカップを購入。
ドイツの思い出に。
image


さて、マイセンの街並みを拝見。
博物館からミニバスに乗り、丘の上にあるドームへ。

image
ここからの景色がすばらしく、おとぎ話の世界のようなTHEドイツの街並みが広がります。
image

image
ドイツらしくソーセージを食べてみました!

お腹がいっぱいになったところで、丘の上から小道を歩いて町まで下りました。
いたるところに薔薇が咲いていて散った花びらもロマンチック〜
image

素敵な広場マルクトプラッツに出ました。
名前からして週末には市場が開かれ賑わうのでしょうか。

image

image


ミニバスの運転手さんが説明してくれましたが、ホメオパシーの創始者サムエルハーゼマンが住んでいた家がこちら。
image
ほほーうと思いつつ私はその家の前の信号機に釘づけ。
ベルリン名物だと思っていたアンペルマン、これは旧東ドイツのものなのですね。


あっという間の1dayトリップでしたが、マイセンの博物館だけでなく、街並みが期待以上にかわいらしく、充実した旅になりました。

旧東ドイツもなかなか素敵です。


近所の谷根千をぶらぶら散歩。
中華で有名な天外天へ。
DSC_0194
人気店だということは知っていましたが、ランチも要予約だとは知らず。
だって100席以上あるのに?!
1時間だけなら、ということでさくっと食べてきました!

まずはランチメニューの前菜から。
中華風スープ、好きだわ~!
DSC_0175

メインは名物の四川麻婆豆腐を。
四川風ということもありかなり辛め!
DSC_0177

こちらは黒酢の酢豚、山芋和え。
絶妙な揚げ加減に黒酢ソース、感激のおいしさでした!
DSC_0185

そしてこちらがネットで「絶対食べるべき!」と噂の杏仁豆腐。
マンゴソースがけとなしをオーダー。
DSC_0190
たっぷりめの量でしたがあまりのおいしさにペロリ。
噂は本当でした!

本場の中華を味わうなら絶対天外天!
夜も来てみたいな~

↑このページのトップヘ