毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

August 2016

紅茶もコーヒーも大好き、そう言いながらカフェインに強烈に弱い私
最近はカフェインゼロのルイボスティーにはまっています。
しょうがをたくさん刻んで少し多めの茶葉を。
蒸すこと10分以上、濃いめが好み。
オリゴ糖を少し加えて暑い夏はギンギンに冷やすととてもおいしいのです。
DSC_0513

バニラやオレンジ風味のルイボスティーが多い中、ドイツの老舗紅茶メーカーRonnefeldtは南アフリカのルイボス100%で本来の味が楽しめます。
エコなドイツならでは、こちらは缶ではなく全てリサイクルできる紙パックで売られています。
DSC_0516
毎回袋にできるだけくさん詰めてもらいます。
袋には250gと書いてありますがこれで320gぐらい。

フランクフルト支店の店員さんはとても親切で今回はグリーンルイボスの茶葉をおまけに付けてくれました。
image
さてどんなお味なのか、涼しくなったら温かくして飲んでみようと思います。

キラリトギンザにあるWALPAへ。
入口からエリザベス女王がお出迎え。
お久しぶり~、なんて。
image

あれもこれも欲しくなってしまうほど素敵な壁紙がずらり。
image

image

よく見るとこちらはドイツのraschのものが多く。
なるほどこういうのはドイツがお得意でした。
image
こちらのお店、梁なども全て壁紙が貼られていてぐるりと見渡してみるのも楽しかったです。
image
壁紙を選んで部屋を作るのも素敵ですね。

今回は写真の背景板に使いたかったのでこちらの50cm余り紙7本セットを購入。
1000円という安さ!
DSC_0371
セットにダーク系の紙を1本と専用のノリを買い足して。
便利なバッグに入れてもらい帰り道はワクワク

ちなみにお隣のサラグレースに寄ったらまだセール品を発見。
小さなバターケースを購入。
DSC_0378
いい買い物日和でした


ロンドン在住のlondon-sweetsさんに教えていただいたお店に行ってきました。
ぶらぶら歩いて千駄木にある露地へ。
image


満席だったのでお店の様子はあまり撮れませんでしたが、古民家を改築して造られたお店は味のある雰囲気がとても素敵。
image


まずは前菜、なすのカポナータから。
濃厚なトマトソースとトロトロのなすがなんともおいしくて。
image


ネットで評判のフォカッチャはもっちり。
止まらない!
これでお腹をいっぱいにしてはいけないと思いつつも完食。
image


ううーっと唸るほどまいった(?)のがこちらの鶏レバーのパテ。
買って帰りたいほどのおいしさ!
image


ブロッコリーとしらす、からすみのパスタはしっかりガーリックがきいていて食欲をそそります。image


鹿児島産の黒豚は脂もおいしくて最後までペロリ。
image

お腹はいっぱいでしたが、全てがとてもおいしかったのでデザートはどんなものかとパンナコッタを注文。
期待をうらぎらないおいしさにまたまた感動
そして完食~!
image

近所にこんなにいいイタリアンがあったとは、と相棒君も大満足!

お盆の最中で多くのお店が空いている中、こちらのお店は超満員でした。
おいしいところには人が集まるのですね。

↑このページのトップヘ