毎日Lecker!

ヨーロッパでの生活は20年以上、最近帰国しました。 趣味は料理と写真。 おいしい情報をお届けします。 ロンドンの情報はカテゴリー「ロンドン」をご覧下さい。

カテゴリ: Afternoon Tea

先月の話ですが、ずっと行きたかったAMAN TOKYOのブラックアフタヌーンティーに行ってきました。
高い天井の広々とした空間。
IMG_3498


DSC_1482
どことなく和を意識したインテリアがとても素敵でした。

まずやってきたのは柿のゼリー。
チョコレートの帽子がかわいらしい
DSC_1484

スコーンは2種類。
プレーンに、あずきと抹茶。
DSC_1510

そしてこちらが3段トレー。
DSC_1490

一番上の段のチョコレート達の繊細さと言ったら!
DSC_1528
色違いの装飾がされたバッグの中にはブルーベリーやラズベリーが。
宝石箱の中にはゼリーが入っていました。

日本のアフタヌーンティーの質の高さに脱帽!



東京ドームで行われたテーブルウェアフェスティバル
今年も行ってまいりました。

なんといっても今年は下条智恵子先生がアリーナスタジオで講演されることでちょっとしたお手伝いをさせていただきました。
先生や1期生との再会に感動

「ロンドンの素敵なアフタヌーンティー」がテーマ。
数々のホテルなどでのアフタヌーンティーのご紹介です。

昨年先生とご一緒したアリスのティーパーティーを思い出すテーブルセッティング。
DSC_0791
会場は座れずに立ち見の方が大勢いらっしゃるほど大盛況でした!
DSC_0805

ペーパーアイテムもこんなにかわいらしいものがたくさん
DSC_0785
DSC_0779
DSC_0780
DSC_0788
先生のお話を聴きながらレッスンやご一緒した数々のアフタヌーンティーの思い出が蘇り、まだロンドンに住んでいるかのような気分になりました。
戻りた~い

はぁ、それにしても美人すぎる先生にうっとり
私のオヤジ心がときめきます。
(先生の了解を得て写真をアップさせていただいています。)
DSC_0827

DSC_0845
終わると「下条先生のレッスンはどうしたら受けられますか?」など質問を受け、先生の人気ぶりが伺えました。
女性ファン多し!
大成功に終わりました。

下条智恵子先生のブログはこちら
LONDON Teatimeのブログ


この後は皆でシャングリラホテルでアフタヌーンティーを。
こちらは以前にも書きましたが、今回はバレンタインメニュー。
ハートを形どったものが多く、全てがかわいらしくて気分が上がります!
DSC_0942

image
バレンタインのイベントは女子だけでシェアするのも楽しいですね。

お久しぶりです!

帰国して3週間が経ちましたが未だに引っ越しでバタバタ。
そんな中、ロンドンの紅茶教室で一緒に学んだ仲間4人でパークハイアットのピークラウンジでアフタヌーンティーをしてきました
皆帰国し、こうして東京でも会えるとは不思議な感覚。

おお、ビルが高い高い!
さすがトーキョー、久しぶりに感動。
DSC_0120

本来なら温かい紅茶で優雅に楽しみたいところでしたが、この日は予想以上に暖かくまずはアイスティーをオーダー。
こちらのアフタヌーンティーは何種類でも紅茶の種類が変えられるのでいろいろいただいてきました。
DSC_0140

さて、こちらが3段トレイ。
真ん中のスコーンはアップルシナモン風味。
カスタードと一緒にいただきます。
さすが日本です、どれも繊細でおいしい~
DSC_0126
ロンドンのアフタヌーンティーがいいのは量が多いところ。
日本はおいしけれど量もお上品なのよね、と思ったら。

こちらのアフタヌーンティー、次から次へといろいろなものが出てくるのです。
まずはチーズのフライ(バルサミコと合っておいしかった!)、生ハムメロン、テリーヌにコーンポタージュ。
DSC_0144
調子にのっておかわりまでしてしまい飛ばしすぎ
DSC_0148
マドレーヌや
DSC_0153
温かいプレーンのスコーン。(写真が逆向きで残念!)
DSC_0152

そしてこちらはスイーツのオンパレード。
何回もこのトレイがやってきて最後は「もう勘弁してください。。。」というくらいいただいてきました。
DSC_0155
お値段もロンドンの半額、ありがたや。
日本はやっぱりいいですね。

久々に会う仲間とおしゃべりがはずみすぎたおかげできれいな夕暮れを眺めることができました。
素敵なところを予約してくれたEちゃんに感謝
DSC_0167
ただいまニッポン、これからも楽しみたいと思います!

ロンドンでの一番の思い出と言えばティーインストラクターの資格を取ったこと。
昨日はお世話になった下条智恵子先生と残り少なくなった1期生でRITZのアフタヌーンティーへ。
先生にはレッスンだけでなく数々のアフタヌーンティーにもお誘いいただき楽しい思い出がいっぱいです。
DSC_1031 
中に入ってから奥のティーサロンに行くまでにもう一度ホテルマンが立つドアを通り抜けます。
「どちらへご予約ですか?」なんて聞かれるので用もないのに気軽にホテル見学~なんてできないわけですね
DSC_1044 
中は豪華絢爛、ピアノの生演奏が流れるパームコート。
とても華やかなサロンでした。
これぞアフタヌーンティー!そういった雰囲気です。
DSC_1041 
DSC_0949
メニューカードにも食器と同じリッツオリジナルのイギリスらしい小花柄が。
DSC_0981

さて、こちらの3段トレーですが、先日のクラリッジズを上回る量のサンドイッチ。
キケンキケン。。。
分かっちゃいるけどやめられない!
パンもしっとりやわらか、大変おいしいサンドイッチでした。
DSC_0973
いつも思うのですが、スーパーで買う食パンはイマイチなのにアフタヌーンティーのパンがとってもおいしいのはなぜ?
日本みたいにホテルでパンも売ればいいのに。

そして温かいスコーンがやってきました。
こちらもやわらかで私好みでした。
クロテッドクリームもたっぷりでてきましたよ。
DSC_0990
ケーキにたどり着く頃はやはりお腹がいっぱいでしたが、おしゃべりがはずみちょこちょこいただくことに。
DSC_1004 
こちらはバスルーム↓
ピンクが基調のガーリーな空間
2015-11-12-07-09-32

DSC_1037
先生とご一緒するアフタヌーンティーもこれで最後ですが、最後にふさわしい華やかなアフタヌーンティーでした。

先生からいただいた2015年のクリスマスティーが入ったオーナメント
DSC_1052
フォートナムでクリスマスティーを買おうか迷ったのですが、缶が大きく飲みきれないと思い断念していました。
こんなにかわいらしいものが売っていたのですね!
おみやげにもよさそうなので買いに行こうと思います。
今はもう手に入らない先生とおそろいのオーナメントまでいただき、こちらは日本でツリーを飾った際に写真をアップします。
クリスマスが待ち遠しい

結婚パーティーをした思い出のClaridge'sで念願のアフタヌーンティー!
ここのATはロンドンでも人気No1でずいぶん前からの予約が必要です。
この日を楽しみに指折り数えて待っていました
帰国までに間に合ってよかった!
DSC_0570
入って正面のサロンの奥にも部屋がありもちろん満席。
DSC_0688

まずはサンドイッチから。
かなりボリュームがあってびっくり。
どれもとってもおいしくて一気に頬張ってしまいました。
DSC_0560
中でも感動したのがこのミニキッシュ。
卵とチーズの味が濃厚でおかわりしたいところをぐっとガマン。
DSC_0588
スコーンはさっくり系でした。
DSC_0606
クラリッジズオリジナルの食器がかわいくて揃えたいと思い聞いてみたのですが、フランスからのオーダーになるそうで帰国までに間に合わず断念

こちらがケーキ。
DSC_0614

DSC_0647

DSC_0648
ひとつ食べるのがやっとであとはおみやげに。
新しいスコーンを余分に入れてくれたりサービスもGood
DSC_0678
11月16日からはバーバリーのデザインのクリスマスツリーがロビーに飾られるそうですよ。
是非見に行きたいと思いました。

さて、昨日はイルミネーション点灯式があり街の中心地はクリスマスの雰囲気UP。
DSC_0710
今年はゴールドも混じって華やかです。

紅茶を一緒に学んだお友達がインドにお引越しになり、先生と5人で壮行会。
先日のCONNAUGHT HOTELのすぐお隣、Millennium Hotelに集まりました。

席に着くとウェッジウッドのワイルドストロベリーのティーセットが並んでいました。
メニューにはアフタヌーンティーの由来が書いてあります。
先生を前にレッスンの記憶をたどりながらタジタジ
DSC_0378

改めて見るとこのワイルドストロベリーはいかにもイギリスらしくてかわいらしさを再認識。
この日はグリーンティーベースにミントとローズが入ったお茶を選んでみました。
茶殻のローズの花びらを見て優雅な気分
DSC_0476

サンドイッチもしっとりおいしくて。
DSC_0450

スコーンも2つとも完食。
DSC_0445

今までレモンカードはあまり得意ではなかったのですが、こちらのものはとてもおいしく感じました。
DSC_0480

結局5時半にサロンが閉まるまでおしゃべりが止まらず楽しんできました。
DSC_0442

大好きなクラリッジズと同じ系列のホテル、CONNAUGHT
大人な雰囲気のアフタヌーンティー。
ドイツから大切なお友達が来てくれたので行ってきました。
DSC_1129

中に入ると美しいカーブのサロンが広がります。
外の景色もイギリスらしい建物が並び、雰囲気抜群。
DSC_0096
DSC_1160

まずは紅茶のチョイスから。
ひとつひとつ香りを楽しみながら、コノートアフタヌーンティーを選びました。
DSC_1140
やはり銀のポットで。
DSC_0024
ティーカップなどの食器はコノートオリジナルのものでした。
柄がサロンの窓辺を描いています。
DSC_1162
ホテルのシンボルの犬がついた3段トレイ。
DSC_1170

まずは一番下の4種のサンドイッチから。
パンもしっとり、大変おいしかったです!
黄色い”コロネーションチキン”のサンドイッチが一番だったかな。
もちろんおかわりもできます。
止まらない~
DSC_1179

2段目はチョコレートバナナケーキなど。
ラズベリーがキラリ。
DSC_1184

一番上にはつやっつやなフルーツケーキが。
ケーキは有名パティシエのカークウィットル氏のもの。
甘さ控えめで日本人好みです。
DSC_0071

そしてこちらがスコーン。
プレーンとレーズン。
レーズンは白ぶどうでお上品でした。DSC_0044
ジャムはクリスティーンフェーバー!
ジンジャー入りのマーマレードがおいしかったです。
DSC_0051

そしてサンドイッチを食べた後に変えてくれたトレイにはドライケーキが載ってきました。
DSC_0075

いつものようにサンドイッチでスパークしすぎてしまい、ケーキはおみやげに。
箱も袋もオシャレで感動!
DSC_0105

雰囲気よし、味も抜群、そしてサービスも100点。
今まで行ったアフタヌーンティーで一番素敵なところでした。
DSC_1113



今年は「不思議の国のアリス」150周年、あちこちで記念の催し物を目にします。

こちらのSanderson HotelでもMad Hatter's Afternoon Teaというものがあり、先週紅茶の先生を囲んで皆で楽しんできました。
DSC_0281

ポットにも不思議の国の人が描かれていたり。
DSC_0204
DSC_0193

物語に出てくる時計のケーキや
DSC_0209

「Drink Me!」の液体パンナコッタなど。
DSC_0217

DSC_0229
遊び心満載でした

お天気のいい日はこのようにテラスでいただくアフタヌーンティーが最高ですね。
今年のヨーロッパの夏は暑くなりそうです。

ここのところゆっくりお茶をする余裕もなかったので、昨日は久しぶりに丸の内にあるシャングリラホテルでアフタヌーンティーを楽しんできました。
P1000943
ロビーに入るなり優雅~なシャングリラの香りが
世界中どこも同じ香りなのですね。
P1000946
元同僚が働いていることもあり、シャンパンでおもてなしを受けました。
女子5人で大はしゃぎ。

ティーアクセサリーも素敵です。
シルバーポットはピッカピカ
せっかく紅茶の資格を取ったのでいつか欲しいなあとは思いますが、お手入れが大変なので躊躇してしまいます。
どうしたらこの輝きを保てるのでしょう?
(あまりにきれいで写真を写している私がどうしても写ってしまうほど
2015-03-09-11-09-54

紅茶の種類も豊富でした。
今回はビタミン補給にローズヒップティーにしてみましたが、シャングリ・ラホテル東京オリジナルティーというのもあるのですね。
P1000982

日本でのアフタヌーンティーはすごく久しぶり。
小ぶりなものが多く、美しくてかわいらしいのなんのって!
P1000968

下の段からズームアップすると~
ハムサンドにもジャムやイチヂクが挟んであったりで、甘辛コンビ好きな私にはたまらなーい
小さなキッシュもふんわり。
P1000973

2段目はスコーンとドーナッツ。
スコーンが小さくてほんとは一口でいけちゃいそうでしたが、もったいなぶってチビチビ食べてみました。
P1000972

一番上は日本のスイーツがずらり。
どれも繊細な味でロンドンにはないなあと思いながら大満足。
P1000971

P1000987
最後にはクッキーとチョコレート。
こんな小さな2段トレーもかわいいですね。

おしゃべりに笑いが止まらなかったアフタヌーンティー。
元気が出ました

快晴だった土曜日。
一時帰国するため夕方ヒースローに向かう途中、GREAT FOSTERSに寄ってAfternoonTeaをしてきました。
とても古いマナーハウスです。
門構えからして「おぉ~!」と感動してしまいました
DSC_0921

昔の人は小さかったのか、おじぎをしないと入れないくらいのかわいらしいドアを開けると重厚感たっぷりの内装が。
2015-01-26-21-15-53

こちらのアフタヌーンティーは2013年に"Tea Guild Awards Of Excellence"という賞をとったということで期待が高まります
私は夏摘みのDarjeeling Second Flush Teaを、相棒君はAssamTeaを選びました。
特にDarjeelingの方は香りもよくとても気に入ってしまいました。
さすが世界3大銘茶
銀のポットに入れてくれて本格的です。
DSC_0952

まずは5種類のサンドイッチが載った大きなトレイを持ってきてくれました。
チキン、サーモン、卵サンドを選んでみました。
ATの場合、サンドイッチを食べ過ぎると後が続かない。。と毎回反省するのですが、今回もおかわり
学ばない私。
DSC_0955

そしてやってきました3段トレー
最初にサンドイッチだけ別に持ってきてくれるとスコーンが温かいまま食べられますね。
いつも食べる時にはすでに冷めてしまうのが残念なのでとてもいいサービスです。
DSC_0963

下の段のレーズンたっぷりのパウンドケーキ。
DSC_0965

すみません、2段目のスコーンはお皿にのせてから撮ろうと思っていたのに食い意地が張り過ぎて忘れました。。。
とてもおいしかったです。

一番上の段には5種類のケーキとココナッツのババロア。
真ん中と右側のケーキが絶品!!
DSC_0976

食べきれなかったものはおみやげ用の箱に入れてくれました。
ここのサロンの食器と同じ柄の箱でかわいいです
DSC_0984

食後にホテルの敷地をお散歩。
裏にはとても素敵なイングリッシュガーデンが。
アリスの世界~!
DSC_0993
2015-01-26-21-16-37

ヒースローから車ですぐなので、お友達をお見送りする前にここでアフタヌーンティーをするのはいかがでしょうか。
DSC_0987

↑このページのトップヘ